施工方法

『 頑太郎®』の施工は敷きならし&散水で簡単施工!

軽くてサラサラなので作業もラクちんです

1.下準備

草刈りをして、土をすき取ります。
土を掘り下げ、地固めしたら、散水します。

 
 

表面の土3~4センチをすき取ると同時に雑草の根元も取り去ります。
地面を平坦にならして、転圧等でしっかり締め固めます。

2.敷きならし

トンボや木ゴテで平坦にし、T型自在ほうきで掃き仕上げるのがきれいに仕上げるコツです。

 
 

『頑太郎Ⓡ』は軽くてサラサラなので、トンボがなくても板などで敷きならせます。

3.完成

シャワーで中までしっとりするよう全体にまんべんなくしっかり散水する。

 
   

水圧は、じょうろで水をあげるくらいを推奨。
表面全体に散水したら、浸透を待ってから次の散水。
散水量は、フォークで穴を掘り、最下部まで浸透していることを確認し、表面が少し乾くのを待ち、もう一度、全体にまんべんなく散水する。


施工をうまくやるコツ

 1.下準備のコツ


除草 について
立鎌などで根本から雑草を取り除きます。
最初は小さい面積でテスト施工し、ならし方や散水量などのコツをつかんで下さい。

 2.敷きならし・仕上げのコツ


仕上げのコツ
最後の敷きならした後、T型自在ほうきで軽く掃き仕上げる。

 3.散水のコツ


浸透具合
散水したら浸透具合を確認する。指で表面を押さえて少しくぼみができ、しっとりした状態になっているか確認する。(または、フォークで頑太郎Ⓡを掻いてみて中までしっとりしていればOK)



木ゴテでならすコツ
散水途中に、木ゴテで表面全体をたたかずに押さえると、平坦に固く仕上がります。

きれいに施工するためにあるといい道具

草削り鎌・立鎌

根元から除草するため、草削り鎌や立鎌でしっかり根元から草を取り除きます。

鍬・シャベル

土を掘り起こして、掘り下げるために使います。

手箕(てみ)

掘り起こした土を移動するための大きなちりとりです。

角材(3~4cm角)

端部までしっかり『頑太郎Ⓡ』を敷き詰めるために角材で区画を作ります。三寸(9センチ)以上の平板が便利です。

トンボ

木製の地ならし用トンボが便利です。

T型自在ほうき

『頑太郎Ⓡ』を敷きならしの仕上げに使います。通常のほうきよりも先端が平らなので使いやすいです。

木ゴテ

中~大のサイズで木製またはプラスチック製のものが便利。

シャワーヘッド

散水はシャワーで行った方が敷きならした『頑太郎Ⓡ』が崩れません。

フォーク

散水後の浸透確認に使います。

散水量、これで大丈夫!? 

散水を立て続けにしてしまうと・・・

あくが出て残ってしまった!
これで大丈夫!
表面が乾いた後、ブラシで取り除けます!

散水が足りないと・・・

ひび割れが出てしまった!
これで大丈夫!
続けて散水すればOK!

頑太郎®基本仕様

地盤状況や使用目的により厚さや下地路盤などが異なります。

『頑太郎®』の厚さ5センチ以上は敷きならしと散水を2回に分けること。
2回目の敷きならし厚さは3~4センチ。

(散水量の不足がないように注意)
下記は一例です。参考程度にしてください。
詳細が知りたいお客さまはお問い合わせください。
用途 舗装厚 『頑太郎®』
必要数量
1㎡当たりの材料費
消費税別途
雑草防止(強固な下地面) 3センチ 2袋 4,200円
雑草防止(かたく踏み固められた下地面)
軽歩行
資材置場
4センチ 2.7袋 5,670円

歩道(遊歩道・園路など)
資材置場
駐輪場や簡易的な駐車場

5センチ 3.3袋 6,930円
駐車場目的(家庭用など)
管理用道路(路盤必要)
6センチ 4袋 8,400円
駐車場目的(家庭用以外)
管理用道路(路盤必要)
7センチ 4.7袋 9,870円
 
舗装厚

『頑太郎Ⓡ』敷きならし厚さ

3センチ

1回目3センチ(完了)

4センチ

1回目4センチ(完了)

 
舗装厚

『頑太郎Ⓡ』敷きならし厚さ

4センチ

1回目4センチ(完了)

5センチ

1回目2センチ

2回目3センチ

 
舗装厚

『頑太郎Ⓡ』敷きならし厚さ

5センチ

1回目2センチ

2回目3センチ

6センチ

1回目2センチ

2回目4センチ

7センチ

1回目3センチ

2回目4センチ

舗装表面の水たまり防止のために2~3%の水勾配を取る。(1メートルで2~3センチの傾斜)
壁ぎわや端部は舗装厚が5センチ以上になるように10~20センチ幅で地面を深くする。

使用前の留意事項

  • 冬期の月平均気温が1℃以下の寒冷地などでは使用できません。
  • 土と同様に少しずつ摩耗します。
  • コケが生えたり自然な変色が発生します。
  • 凍結や霜、下地面の変形等で割れやめくれが発生する場合があります。

使用時の注意事項

  • 「使用前の注意事項」を必ずお読みください。
  • 施工当日は、強風、降雨、降雪、降霜などの天候不良、および、気温5℃以下が予想されるときは避けてください。
  • 施工当日及び施工後1ケ月間に最低気温が2℃以下になる時期を避ける事。(霜や凍結で硬化不良や割れが発生します)
  • 保護メガネ(粉塵用ゴーグル型)・マスク・手袋を必ず着用してください。
  • 目に入った場合はすぐにきれいな水で十分に洗浄し、すぐに医師に相談してください。
  • 袋から出すときは強風時を避け、中身が飛散しないように注意してください。

保管時の注意事項

  • 製品は湿気がない屋内に保管してください。